Forest Seeland シーランド フィッシングジャケット

Seeland シーランド 上衣 Dyna 52 Forest Green 送料無料
大みそかの31日、 送料無料年越しそばの販売がピークを迎え、 Forest Green山形市のそば処(どころ)庄司屋御殿堰(ごてんぜき)七日町店は、Seeland 持ち帰り用のそばを買い求める人たちでにぎわった。

庄司屋では幸町本店と地方への発送分を含めて約1万5千食を用意した。 Forest Green新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要が増えており、 送料無料今年は例年より1割ほど多めに用意したという。Seeland この日は早朝からそば打ちを開始。上衣店員は来店客に「良いお年を」などと声を掛けながら、箱詰めされたそばを手渡していた。

Forest Seeland シーランド フィッシングジャケット

庄司屋の庄司信彦社長(47)は「心を込めてそばを打った。上衣おいしく召し上がっていただけるとうれしい」と話した。 送料無料持ち帰り用のそばを購入した自営業の蜂屋孝司さん(81)Seeland =同市七日町4丁目=は「家族みんなの健康を願って食べたい」と笑顔を見せていた。

寒河江市のJAさがえ西村山アグリランド産直センターで31日、 Forest Green恒例の歳末大売り出しが開かれ、 送料無料新鮮な野菜や正月飾りなどを買い求める家族連れでにぎわった。

大売り出しは24日から始まり、上衣 この日が最終日。売り場にはホウレンソウや小松菜、 Forest Green白菜などの葉物野菜のほか、Seeland 啓翁桜や切り花などの正月飾りも並んだ。来店者は目当ての食材などを次々と買い物かごに入れていた。

同市元町3丁目、自営業横尾栄子さん(68)は「農家からの直送で新鮮なのが良い」と、正月明けを見据えたカレーの具材を買い込んだ。「新型コロナが早く収束しますように」と願い、新年も家族の健康のために腕を振るう。

米沢市の山あいにある寺で、「お茶飲みしゃかい学」と称した勉強会や好きな本を持ち寄っての読書会が定期的に開かれている。人口減少などで地域の寺の役割が変化する中、かつての寺子屋さながらに、年齢も職業もさまざまな人たちが気軽に集い、学んだり、コミュニケーションを深めたり、活発に言葉が飛び交う。

12月上旬、米沢市口田沢の田沢(でんたく)寺(荒沢教真(きょうしん)住職)で、15人ほどが今年最後のお茶飲みしゃかい学に参加していた。講師は洞松寺(長井市)の小野卓也住職。仏像を背に「自己とは何か」という深遠なテーマを東洋思想の視点で解き明かす。参加者からは「悪態をつくようになった親と気持ちよく過ごすにはどうしたら良い?」「子どもの自己肯定感を高めるために必要なことは?」といった質問もあり、悩み相談室のようになった。

取り組みを企画するのは荒沢住職の妻久美さん(47)。久美さんは川西町フレンドリープラザで25年間、図書館司書やホールで開催するイベント企画の仕事に携わってきた。自宅の寺を会場にした学びの場づくりは退職後に始めた。アイデアなどをひねり出すアウトプットの多い仕事を続けるうち「自分自身、学び直したい」という気持ちが高まったのがきっかけ。寺という場が、人が集まり本を読んだり自分自身を振り返ったりすることと相性が良いのでは、という思いもあった。

2カ月に1回のペースで開き、テーマは縄文文化から地域医療まで多彩。ゲスト講師には医師や住職、山形大工学部、県立米沢女子短大、東北芸術工科大などの教員を招いた。読書会はテーマを決めてお薦めの本を紹介し合うほか、1冊の本を深く掘り下げることもある。米沢市から参加する女性は「ここに来ると何かしら楽しいことがある。こういう場を知ることができ、ラッキーだった」と話す。

葬儀や法事を執り行うだけでなく、人々が集い、おしゃべりをしたり、悩みを相談したりする地域の公民館のような存在だった寺。人口減少や地域コミュニティーの変化により、そうした機能は薄れてきている。一方で、県内でも本堂を舞台にしたヨガの体験会が開催されるなど、新たな役割を模索する動きも見える。荒沢住職は「(時代が変わっても)人々が集まる場をつくる、それが寺の役割だと思う」と話している。

朝日町のゲストハウス松本亭一農舎(いちのうしゃ)(佐藤恒平代表)は、町内の「椹平の棚田」で、雑草を抑制する機械・通称「アイガモロボ」を導入して除草剤を使わず栽培した米「手植えと合鴨(あいがも)ロボで育てた棚田のお米」を、道の駅あさひまち・りんごの森で販売している。売り上げの一部は「日本の棚田百選」に選ばれている椹平の棚田の景観保護に活用する。

アイガモロボは太陽光発電で動き、水中の泥を巻き上げることで水面下への日光を遮り、雑草の生育を抑える仕組み。有機米デザイン(東京、社長・山中大介ヤマガタデザイン社長)が研究開発している。佐藤代表は同棚田内の自身が管理する水田で、同ロボが試作段階の2017年から活用している。今年は町内外のボランティア約30人と共に田植えや稲刈りを行った。

150グラム入りで450円。贈り物にしやすいよう縦15センチ、横10センチのはがきサイズにした。佐藤代表は「美しい棚田で新しい技術を取り入れながら、環境への負荷が少ない米作りをしている。この棚田を守りたい気持ちや山形の農業について知ってもらい、購入に価値を感じてほしい」と話している。

県内フランス料理の第一人者として活躍し、庄内地域の洋食料理人でつくる「庄内DECクラブ」を創設したシェフ太田政宏さん(酒田市)が今月、78歳でこの世を去った。地元食材を使った「フランス風郷土料理」を生み出し、多くの人をうならせた料理人。病を患いながら最期まで後進の育成に力を注いだ。その情熱は「酒田フレンチ」として、いつまでも受け継がれる。

多くの料理人仲間、弟子たちを引きつける気さくな人柄だった。弟子の一人が、酒田市の「西洋割烹 花月」オーナーで同クラブ顧問の阿部三喜夫さん(60)だ。酒田調理師専門学校に入った19歳のころから、西洋料理の基礎を太田さんに学んだ。仙台市内の料理店を経て庄内に戻り、太田さんがグランシェフをしていたル・ポットフーで共に働いた。「いつも優しくて、仕事も遊びも全力だった」と阿部さん。若い頃、休日は一緒に海で泳いだり、スキーに行ったりしたという。

生前、頼まれていた通り、阿部さんは葬儀委員長を務めた。出棺時には弟子と同クラブ役員の10人はコックコートで正装した。「亡くなる前日も話した。覚悟はしていたけど、心にぽっかり穴が空き、まだ実感が湧いていない」と漏らした。

「食の都庄内」親善大使を共に務めた日本料理調理人の土岐正富さん(70)=庄内町=は、太田さんの退院を心待ちにしていた。「コロナ禍で打撃を受けた分、これから庄内を活性化しようというところだった。また切磋琢磨(せっさたくま)できると思っていた」と語った。

44年前から講師を務めていた酒田調理師専門学校では、入院直前の11月1日が最後の授業となった。同校には、太田さんが教えてきた料理を記した分厚いレシピ集が残っている。「楽しく、おいしく作るが(太田)シェフのモットー。その思いとともに、酒田フレンチの歴史を引き継いでいかなければならない」(阿部さん)。関係者の間には喪失感が広がるが、太田さんの味は、これからも楽しむことができる。庄内地域で活躍する弟子たち、レシピ集を基に学ぶ学生たちがいるのだから。


Seeland シーランド 上衣 Dyna 52 Forest Green 送料無料

Top