カーディガン レディース ヴィンス 蛇足

ヴィンス カーディガン レディース VINCE RIBBED POCKET CARDIGAN H PLUM WINE
今にも息遣いが聞こえそうな猫やウサギ―。ヴィンス 「音海はる」のペンネームで活動する山形市の大学3年生工藤陽輝さん(20)の描く動物画が国内外で話題を呼んでいる。レディース 生まれつき右目が見えないことから、こだわるのは「瞳」。カーディガン 色鉛筆で丹念に色を重ねて命を吹き込む作品は「写真にしか見えない」「生きているみたい」と評判だ。

高校2年生のとき、友人作の色鉛筆による風景画に衝撃を受けた。ヴィンス 「子ども向けの画材だと思っていた色鉛筆でこんなに繊細な表現ができるなんて」。カーディガン 休日を使って自分も挑戦した。

カーディガン レディース ヴィンス 蛇足

病気の影響で右目を失明した音海さんが動物の輪郭を決めた後、ヴィンス まず色を入れるのは目の中心部の瞳だ。H PLUM WINE 「ハンディを負っている意識はない。でも、目を大切にしようという思いで最初に集中して描いている」。

大学では美術表現を専攻する。卒業後は就職せず、レディース 色鉛筆画家として生きていくつもりだ。ヴィンス 「いろいろな題材に挑戦したい。カーディガン H PLUM WINE 楽しむ気持ちはずっと忘れずに」。

「ヘーヘーホーホー」などのとぼけた相づちで人気を博した漫才師の昭和こいる H PLUM WINE(しょうわ・こいる、レディース 本名・庄田太一=しょうだ・たいち)さんが12月30日、前立腺がんのため死去した。カーディガン 77歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻、H PLUM WINE 節子(せつこ)さん。

漫才コンビ「昭和のいる・こいる」のボケ役として寄席やテレビで活躍。のいるさんが振る話題に「ヘーヘーホーホー」「はい、はい、はい、はい」「そんなもんだよ、しょうがねえ」などと早口でいいかげんに応えるやりとりで笑いを呼んだ。

昭和51年にNHK漫才コンクールで最優秀賞を受賞。のいるさんの病気で近年は漫談などを中心に活動し、11月末まで舞台に出ていた。

バイデン米大統領は30日、プーチン露大統領と電話会談し、露軍が国境近くに大規模展開するウクライナ情勢をめぐり、緊張の緩和を強く求めた。バイデン氏は集中的な外交努力を続けるとしたが、露軍が侵攻した場合にはロシア側に深刻な代償が伴う「断固とした対応」(サキ大統領報道官)を同盟諸国と行うと警告した。

米政府高官によると、両首脳は約50分間の会談で「真剣で実質的な対話」を交わしたという。

高官によると、バイデン大統領はプーチン氏に対し、対話による緊張緩和の道筋を引き続き模索するとした一方、それにもかかわらず露軍がウクライナへ侵攻した際には「深刻な代償と結果」を伴う対抗措置をとる考えを明確にした。

具体的には、国際金融システムからの遮断を含む厳しい経済制裁に加えて、北大西洋条約機構(NATO)加盟国における兵力態勢の増強、ウクライナに対する追加的な防衛支援を準備しているという。

一方、ウクライナ情勢をめぐっては、来年1月10日にジュネーブで開催予定の米露高官による戦略安定対話、それに続くNATOや欧州安保機構(OSCE)におけるロシアを交えた協議を通じ、集中的な外交努力が続けられる見通し。

ただ、バイデン氏は、外交による実質的な進展は「緊張の高まりではなく緩和した環境下でのみ起こりうる」(サキ大統領報道官)とし、プーチン氏に国境沿いの部隊の後退を含む緩和措置を速やかにとるようクギを刺したとみられる。

新型コロナウイルスの感染拡大による1年の延期を経て、無観客で開催された東京五輪。日本代表選手の活躍が、ふさぎ込みがちだった国民を励ましたのは記憶に新しい。体操男子個人総合での史上最年少の金メダルなど、団体を含めて3つメダルを獲得した橋本大輝選手(20)=千葉県成田市出身=の原点は、同県香取市の廃校の体育館を練習場所とした体操クラブだった。今月、橋本選手とともに同クラブにも市民栄誉賞が贈られ、橋本選手に体操の基本を叩き込んだ山岸信行監督(65)の地道な活動が改めて脚光を浴びた。

橋本選手は7月26日、体操男子団体のメンバーとして銀メダルを獲得。その後、同28日に個人総合、8月3日には種目別鉄棒で金メダルに輝いた。

橋本選手の活躍で注目が集まったのが、橋本選手が中学卒業まで所属した廃校の体育館を練習場所とする体操クラブだった。

「約40年指導してきてオリンピック選手は初めて。私にとっては〝40年に1度〟のオリンピックだ」。「佐原ジュニア体操クラブ」で橋本選手を約10年間指導した山岸監督は、教え子の活躍をそう喜んだ。

橋本選手は、兄2人の後を追って6歳のときに同クラブで体操を始めた。同クラブが拠点とするのは、市町村合併に伴い廃校となった旧香取市立沢小学校の体育館。体育館に並ぶ体操器具は、山岸監督が自費で購入したものだ。ピットと呼ばれるスポンジのプールがないため、高度な技の練習はできない。だが山岸監督は「できる練習はたくさんある」といい、基本を徹底して教える。橋本選手も、中学卒業まで同クラブで美しい演技の基本となる姿勢を学んだ。

その後、市立船橋高校へ進学。同校体操部の大竹秀一監督(43)も同クラブの卒業生。「難しい技はできなかったが、クセがなく、素直な体操をしていた。(山岸)先生が土台を作ってくれていたので、指導がしやすかった」(大竹監督)と、指導に一貫性があったことも好影響を与えた。

「12歳から64歳までの新型コロナウイルスワクチン接種率は9月22日に1、2回目とも全国1位になり、全国トップクラスの速度で接種が進んでいる」

群馬県庁で10月12日に開かれた記者会見。山本一太知事はこう述べ、河野太郎ワクチン担当相(当時)らに働きかけて開設にこぎ着けた県営大規模接種会場の存在が、接種率向上に大きく貢献したと胸を張った。

記者はこの1年、全70回の知事会見のほとんどに出席してきたが、そこで幾度となく耳にしたのが「全国〇位」「全国トップクラス」という発言だった。

過去の会見では「全国4位の養豚県」「水力発電の数全国1位」と言及。県部長級職員の女性比率が約38・5%となったことには「間違いなく全国トップだ」と語り、記者は「山本知事ほど県の順位やランクに言及する首長はまず他にいないだろう」と、そんな思いを強くした。

こうした発言を自画自賛だと揶揄(やゆ)する向きもあるが、選挙の洗礼を受ける政治家は誰しも大なり小なり自己アピールに余念がない。むしろ県政運営の何に力点を置いているのか読み解くヒントになる。

さて、そのこだわりが如実に表れたのが民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京)による都道府県魅力度ランキング「群馬県44位」への反応だった。

接種率の高さを強調した同じ10月12日の会見で、知事はこれを取り上げ、根拠が不明確だとして「法的措置も検討する」と発言した。発言はウェブ上で拡散し、知事がその後、複数のテレビ番組で説明して回ったの周知の通りだ。

知事が全国上位を強調する一方、全国下位に不快感を隠さない背景には何があるのか。一記者の見方だが、令和元年の知事選で「県の魅力向上、ブランド化」「県民の誇り醸成」を掲げ初当選したことと無関係ではないだろう。


ヴィンス カーディガン レディース VINCE RIBBED POCKET CARDIGAN H PLUM WINE

Top