3ストライプ Men s Essentials ズボン下

取寄 アディダス メンズ エッセンシャル 3ストライプ 猿股引き adidas Men s Essentials 3-Stripes Shorts Wild Pine
(社説)コロナの波の中で こぼれ落ちた記憶を紡ぎ直す,アディダス 「コロナも忘れる10分間リフレッシュ」。今年初め、マッサージ店のそんな看板を見た。エッセンシャル わずかな時間でも頭からコロナを消し去りたいという、世の中の思いが詰まったコピーだった。

 国内で小康状態が続いたこの秋、アディダス 「忘れられる日」の到来を期待した人は多かったはずだ。ところが新たな変異株が見つかり、adidas エッセンシャル 年の瀬の列島を再び不安が覆う。ただワクチンや治療薬の開発・普及が進み、adidas 心のなかの景色は以前とはいささか違うように映る。

3ストライプ Men s Essentials ズボン下

 歓迎すべき変化なのだろう。アディダス しかし気がかりな面もある。adidas エッセンシャル こうやって緊張と弛緩(しかん)を繰り返すうちに、忘れてはならない話も一緒に記憶の奥底に追いやってしまうことにならないか。

 大正時代の半ばに世界中で大流行し、エッセンシャル 国内だけで約40万人が亡くなったいわゆるスペイン風邪を思い起こすと、継承することの難しさを痛感する。

 今回のコロナ禍まで、約100年前のこの災厄が一般の人の関心を集めることは、adidas ほとんどなかったと言ってもいい。

 それを象徴するような跡が、3-Stripes アディダス 兵庫県宝塚市にある。火の神・台所の神として古くから信仰を集める清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)の裏山の中腹にたつ、高さ5メートルほどの石碑だ。3-Stripes 「大正八九年流行感冒病死者群霊」と刻まれ、大阪の薬剤師がスペイン風邪がほぼおさまった3年後に、犠牲者を悼んで建てたことを伝える。

 寺などによると、3-Stripes 40年ほど前までは参拝客が行き交う、本堂脇のよく目立つ場所に立っていた。しかしその後、部外者は立ち入れない場所に移されたという。理由はわからない。同じ人物が建てた碑が大阪市内の一心寺にもあるが、こちらも顧みられることはまずなかった。

 スペイン風邪の場合、こうした遺構だけでなく、人の脳裏に焼きつくような写真や映像も乏しい。流行の始まりや終わりがいつなのか判然とせず、節目となる日も定め難い。パンデミックは、戦争や地震などに比べても、後世に伝えるのが難しい性質をもつ出来事といえる。

 もちろん図書館や博物館には当時を語る資料が保存されている。多くの文人が経験を書き残したし、新聞報道もあった。だがそうした記録だけでは、ただちに継承につながらないと福間良明・立命館大教授(歴史社会学)は指摘する。

 「人々の間に『記憶』として定着していくためには、ばらばらで膨大な記録から切り口を探り当て、議論を重ねなければなりません。どんな議論になるかは、人々の意識や社会の状況次第。コロナ禍の記憶もこれから作られるのです」

 コロナ禍に翻弄(ほんろう)され、非日常が日常になるなか、その時どきに考えたことや抱いた思いが、一人ひとりの中からこぼれ落ちていってはいないだろうか。

 それに気づかされるのが、作家の綿矢りささんがこの秋に刊行した日記「あのころなにしてた?」だ。たとえばこんなくだりがある。

 「“自粛の強化が必要”と“気にしすぎても経済が回らない”が交互にくり返され、洗濯機のなかで洗浄モードと脱水モードが延々くり返されるなかで、ちょっとずつ生地のすり減っていく洗濯物みたいな気持ちになった」(20年12月3日)

 共感を寄せる読者は多く、コロナ禍の日々が「もうすでに懐かしい」との感想も届いているそうだ。懐かしさを通り越した先にあるのが忘却だ。

 経済活動の収縮で真っ先にしわ寄せを受ける社会的弱者の悲鳴。ロックダウン、アラート、野戦病院といった勇ましい言葉の氾濫(はんらん)。医療逼迫(ひっぱく)の下で強行された五輪が現出させたパラレルワールド(並行世界)――。代々の政権が検証の先送りを決め込むなか、うやむやにされようとしている政治の迷走や、非常時が浮き彫りにした社会のひずみ、不条理も少なくない。

 肉親や親しい知人を亡くすなど悲痛な体験をした人が、このコロナ禍を忘れることはないだろう。しかし、紹介した福間教授の話のとおり、社会がどう記憶するかはまた別の話だ。

 今年亡くなった作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんは、忘却には二重の意味があると説いた。

 ひとつは仏の慈悲としての忘却。つらいことを忘れられるからこそ、人は生きていける。一方で、人は忘れてはいけないことも忘れてしまう。それは厳しい劫罰(ごうばつ)に値すると言う。

 あわただしく過ぎていく日々のなかで、年末年始はいくらか余裕を持てる時期だ。少しでいい。立ち止まり、この2年間のあれこれを拾い集め、考える時間を持ってはどうだろう。

 自分が得たもの、失ったものは何で、次代に伝えなければならないことは何か。人それぞれに異なるであろう、その物語を重ね合わせていくことが、コロナ禍で傷ついた社会を編み直すための糧になる。

紅白の組分け「出身地の東西や登場順も検討」 制作統括インタビュー,――今年の紅白のテーマは「Colorful~カラフル~」で、紅組司会と白組司会という呼び方を無くして「司会」で統一しました。一方で、出場歌手は基本的に従来通り男性が白組、女性が紅組で分けられているようです。「カラフル」を掲げるなかで、紅白の分け方は検討されたのでしょうか

 これについては、本当に僕らは、今年だけではなくて前々からずっと議論しています。

 まず「カラフル」というテーマにしたきっかけですが、この2年間、新型コロナウイルスがこれだけはびこって、彩りが失われた社会になってしまったところに、ちょっとでも彩りをと考えました。色んな色があって、赤と白もその一つ。全ての色が彩りを作って、それがあるから素敵な明るい社会になっている。それをちょっとでも取り戻せたらいいなと考えました。

 司会については、今更ですけど僕ら、気づいてしまいまして。紅組司会が「白組には負けないぞ」、白組司会が「紅組に勝つぞ」と言ってある種の対立構造をあおるような構造は、この時代ではちょっと違うのではないかと。

 かつてはステージの下手側に紅組、上手側に白組と分けて、いわゆる戦う構造がひとつのスタイルになっていました。でもだんだん、司会の役割がそんなに分かれなくなって、僕らも改めて原点に気づいた。男性であれ女性であれ、みんなが同じく歌を通じた最高のパフォーマンスをお届けし合う紅白というステージで、司会は戦いをあおるのではなく、「全部いいんだから全部いいじゃない。それを僕らは応援しようよ」という立場になってほしいと思いました。

 一つの同じ場所で素晴らしい歌手の皆さんが集う、性別も年齢も全てを超えた場所を用意するのが僕らの役割だと思っています。

 紅組と白組の分け方も、本当に、すっごく研究したんです。どういう分け方があるのか、そもそも分けない方がいいのか。

 ただ、紅白歌合戦と称して70年にわたってやってきて、なじんでいるスタイル、一つの様式美になってしまったところがあります。それを期待し、楽しみにされているお客様もいます。

 今はテレビのリモコンでも投票できますし、会場の皆さんも投票できる。これらは、紅白に参加するツールでもあります。そうした意味では、これまでの(出場歌手を紅白に分ける)スタイルは踏襲し、それを楽しみにしてくださる方にお応えできるようにすることは、やったほうがいいと考えました。


取寄 アディダス メンズ エッセンシャル 3ストライプ 猿股引き adidas Men s Essentials 3-Stripes Shorts Wild Pine

Top